>info>インプラントを取り扱っている歯科を探そう

インプラントを取り扱っている歯科を探そう

歯

失った歯はインプラント治療で改善

かなり進行した虫歯や歯周病などが原因で歯を失ってしまったときは、かみ合わせや咀嚼力を維持するためにも失った歯を補う必要が出てきます。失った歯を補ういくつかの治療法の中で、注目されているのがインプラント治療です。

治療

見た目だけじゃなく機能性も高い!

インプラント治療を受けるメリットは、見た目が自然で天然の歯と変わらないだけではありません。機能性にも優れていて違和感もほとんどなく、噛む力も歯が抜ける前と同じように維持できるのです。

インプラント

費用には注意!

失った歯を補てんする方法には、入れ歯やブリッジなどがありますがそれらは健康保険が適用されます。しかしインプラント治療は保険適用外で全て自費で支払う必要があります。費用負担が大きいのでその点注意が必要です。

入れ歯とインプラントの特徴を比較してみよう

治療期間が短くすぐに使える

インプラント治療を比べて入れ歯は治療期間が短くなりますので、すぐに失った歯を補てんできます。

違和感もなく見た目も自然

入れ歯はその人に合わせて作っているのですが、装着時に違和感があり咀嚼力も低下してしまいます。その点インプラントは天然の歯と見た目も変わらず咀嚼力も維持できます。

長い目で見るとインプラントがオススメ

費用や治療期間を考えると入れ歯はお得かもしれませんが、歯は一生使うものですから見た目や機能を考えるとインプラントがおすすめです。

インプラント治療の流れをチェック

歯型

カウンセリングを受ける

治療を始める前に歯科医院にてカウンセリングを受けます。インプラントの治療法も骨の硬さ、大きさ、位置によって治療法が異なるからです。

さまざまな検査を実施する

これまでかかった主な病気などを問診で聞かれるだけでなく、血液検査や心電図など外科手術に耐えられるかどうかを検査します。

インプラントを埋め込む手術を実施

顎の骨の部分にインプラントを埋め込む手術を行います。局所麻酔で入院の必要もありません。

抜糸して手術部位を確認する

インプラントを埋め込む手術から1週間ほど経過して抜糸を行います。併せて手術部分の状態を確認します。

安静期間で骨とインプラントを密着させる

手術後3から6ヶ月の期間を置くことで、埋め込んだインプラントと骨がしっかりと結合するのを待ちます。

メンテナンスで持ちを良くしよう!

インプラント治療後は、定期的に歯科医院を受診してインプラントの状態をチェックすることで、良好な状態を保てるようになります。